NPO法人キープ・ママ・スマイリング:病気の子どもや発達がゆっくりな子どもを育てるお母さんを応援します!

キープ・ママ・スマイリングの活動に関わるスタッフを紹介します。

スタッフ紹介

光原 ゆき(みつはら ゆき)

1996年一橋大学卒業後、株式会社リクルートへ入社。メディアプロデュース、人事業務に従事。先天性疾患を持つ娘を出産後、育児休暇中になくした経験から、2014年11月にNPO法人女子カラダ元気塾(現キープ・ママ・スマイリング)設立、理事長に就任。NPO活動を通じて、「病気の子どもや発達に困難を抱える子どもを育てる母親」への支援をさまざまな形で行う。2019年1月よりNPO法人を主軸に活動へ。GCDF-Japanキャリアカウンセラー、Gallup認定ストレングス・コーチ(上位資質は最上志向・ポジティブ・社交性・信念・コミュニケーション)、日本茶インストラクター。

2009年、私は初めての出産と同時に病児の母となりました。いくつもの病院で付き添い入院をする中で体験し、見聞きしたことがこの活動の原点です。母親は子どもが元気になるためにチーム医療の一員として重要なポストを担っているのに、食事や睡眠など母親へのサポートは十分ではなく、自分のことを後回しにするうちに、いつしか笑顔が消え、いつしか倒れてしまう母親が大勢いました。病気の子どもや発達がゆっくりな子どもを育てる母親たちの笑顔を守りたい。これからも一層ママたちへのサポートを広げて参ります。ご支援よろしくお願い申し上げます。
 
▶ 光原 ゆきの詳しいプロフィールについては「another life.」の掲載記事をご覧ください。

梅沢 元彦(うめざわ もとひこ)

株式会社ムーンファクトリー代表取締役社長。小学校の頃は神童と呼ばれていた少年が高校にあがる頃には旅と音楽とコンピューターにどハマりして4年かけて卒業する羽目に。東京農業大学農学部で樹木と虫を研究してから、外資系コンピューターメーカーに就職。20代最後の年にIT会社を設立し今に至る。趣味は生きもの探しと魚つり。周りの素晴らしい仲間たちに生かしていただいて感謝の日々です。

若かりし頃に祖母や叔母の介護を通して強く思ったことは、「生きるって楽しいな」と思える日々をあまねく全ての人たちに感じてもらいたいということ。まずは身近な人たちから、それが伝播していつかはあまねく世界の人たちが「しあわせだなあ」となればいいなと心から願っています。美味しいトンカツのお店も随時探しています。

小林 かおり(こばやし かおり)

1988年、結婚・出産を機に京都精華大学中退。二児の母。離婚後、長女がインフルエンザ脳症を発症し右上下肢機能障害、知的障害になる。様々な職業を経て、株式会社リクルート(現リクルートライフスタイル)にて約16年間営業職に従事。現在はフリーランスで観光アドバイザーや障がい者の就労支援事業開発に従事。2019年4月より本活動に参画。

離婚、娘の長期入院そして重度重複障害という貴重な経験で得たものを活かしていきたいと考えていた折、本活動を知りました。お母さんの「笑顔」は子どもにとって特効薬です。頑張っているお母さんに寄り添いながらサポートできるよう活動してまいります。

後藤 朋美(ごとう ともみ)

2001年慶応義塾大学卒業後、出版社で約5年、リクルートで約13年間編集・広報などを経験後、現在は株式会社LITALICOで広報に従事。2010年に出産した息子が後に自閉症スペクトラム障害であることが分かり、2014年よりNPO法人に理事として参画。

息子の発達に課題があると分かってからこれまで、本当にたくさんの親御さんや仲間と出会い、励まされてきました。こうした出会いがあったことで、少し違う育ち方をしている息子のことも受容できるようになりました。病児や発達に課題のある子など、多様な子ども達を育てる家族のサポートを通じて、一人ひとり違う個性を社会の力に変えていきたいと思いながら活動を続けています。

若林 美樹(わかばやし みき)

1996年東京医科歯科大学大学院医学系研究科博士課程を終了後、株式会社フジテレビジョンに入社。報道・情報番組を担当していた時に受講した東京大学医療政策人材養成講座(HSP)で、理事長の光原と同期(3期生)となり、NPO法人の立ち上げに参画、2014年より理事となる。
医療とメディアの架け橋となる存在になれるよう、問題提起から解決に至る活動していきたいと思っています。

渡辺 千鶴(わたなべ ちづる)

1988年、京都女子大学児童学科卒業。医療系出版社を経て、1996年よりフリーランスの医療ライターに。医療・介護分野を中心に編集・執筆に携わる。東京大学医療政策人材養成講座(HSP)1期生。HSPの縁があり、2014年より理事として参画。

「おかげさまとおたがいさま」の精神で、みんながつながり、どんな状況にある人も誰かの役に立てる、ループを描くような活動・仕組みづくりに取り組んでいきたいと思っています。

田中 裕美子(たなか ゆみこ)

1996年青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科卒業後、(株)ワーナーミュージック・ジャパンで邦楽プロモーター及び洋楽ディレクターを担当。
 
2007年明治大学法科大学院卒業、2009年弁護士登録。企業法務から一般民事事件まで幅広く取り扱う。
団体の活動状況等の監査業務を通じて、病児のご家族支援の拡充に貢献することができればと思っております。

児玉 章代(こだま ふみよ)

5年前に妹が急性白血病で亡くなり、生前ボランティア活動をしたかった妹の遺志を受け継ぎたいと思っていました時に、嬉しいご縁を頂き運営メンバーとなりました。活動を通して妹との心のつながりを感じながら、今とこれから生きていく私の支えになっています。ママ達の笑顔がこれからもっと増えますように、微力ながら頑張って参ります。

杉岡 吏加(すぎおか りか)

1992年山口大学教育学部卒業後、県内の島や山間部の小学校に勤務。結婚を機に退職し家庭に入る。2018年より佐賀大学小児病棟にて編み物を教えたり遊んだりするボランティア活動を始める。翌年5月偶然インターネットでキープ・ママ・スマイリングの活動を知り深く感銘を受けサポーターとなり、同年11月運営メンバーとなり今に至る。

入院中の子どもたちとのふれあいを通して見たものは、いつもベットの上でお母さんを探す子どもたちの不安そうな様子と、不安や孤独を心の奥底に閉じ込め平常心と笑顔で接しようとしているママたちの姿でした。そんな子どもたちの視線の先にママの優しい笑顔があったらいいな、そしてこれを力強く支える社会になったらいいなと思いながら活動いたしております。

寺内 恵美子(てらうち えみこ)

息子の付き添い入院を経験し、お子さんが病気で大変な状況にいるご家族のサポートが出来たらと思い、キープママの活動に参加しました。

早川 真由美(はやかわ まゆみ)

1989年東京女子大学短期大学部卒業後、株式会社ワコールにて経理業務、日本生命保険相互会社にて営業職に従事。1999年男女の双子、2003年女児出産、3児の母。

3人の子育てが終わりに近づくに連れ、子育て中のお母さんや子供たちの役に立つ事が出来たらという思いが強くなりました。そんな矢先、キープママスマイリングとご縁を頂き、活動に共感し参加させていただきました。子供にとってママの笑顔は一番!美味しいご飯は心と身体を元気にしてくれる!微力ですが、元気に楽しく活動させて頂いています。

前田 陽子(まえだ ようこ)

1989年川村短期大学保育科卒業、その後Canadaに約2年留学。帰国後、株式会社リクルートFNX事業部でアルバイト開始、他多数掛け持ちしながらCanadaと日本を行ったり来たり。その後リクルートグループ内数社に計12年勤務。40代で幼児教育業界へ転職、その後再度リクルートグループ会社へ戻り、社内報にてキープママスマイリングの活動を知り参加。2019年4月、株式会社リクルートオフィスサポート(リクルートグループ障がい者特例子会社)へ転職、現在に至る。

とにかく料理が好きです。友達の家で集まる時にワイワイしながら作ったりしていましたが、お金を頂く仕事にはしたくなくて、そんな時にキープママの活動を知りました。まさに、自分が楽しく参加してお役に立てる場だと思い、お手伝いをして3年半が経ちました。日常は障がい者の人達と一緒に働いていますが、支えあう生活は誰にでもどこにでもあるものだと思っています。出来ることを無理なく続ける想いを大事に、キープママのサポートをしていかれたらと思っています。

水谷 尚代(みずたに ひさよ)

2000年に恵泉女学園大学卒業。新卒でアパレル商社の三陽商会に入社。その後、インテリジェンス、リクルート、SMSキャリアの法人営業職を経て現在は人材紹介に従事。キープ・ママ・スマイリングには2018年よりジョイン。

理事長光原の志に共感してスタッフの仲間入りをさせて頂きました。最初はリクルート時代の恩人である光原のイベントに気軽な気持ちで参加しました。そこで、光原の「病児に付き添った事のある私でさえ、今付き添い看病をしているママ達に何て声をかけてよいのか分からない。せめて温かいお味噌汁をそっと置いてあげたい」、理事渡辺の「食事を届けることで看病をしている方に一人ではないことを知ってもらいたい」という思いを聞き、私も付き添い看病をされている方の応援団になりたいと思い参加しました。できる事は多くはありませんがお金では買えない、束の間だけでも心がほっとする応援団でいれたら幸せです。