NPO法人キープ・ママ・スマイリング:病気の子どもや発達がゆっくりな子どもを育てるお母さんを応援します!

光原 ゆき(みつはら ゆき)

公開日:2020/04/30

    1996年一橋大学卒業後、株式会社リクルートへ入社。メディアプロデュース、人事業務に従事。先天性疾患を持つ娘を出産後、育児休暇中になくした経験から、2014年11月にNPO法人女子カラダ元気塾(現キープ・ママ・スマイリング)設立、理事長に就任。NPO活動を通じて、「病気の子どもや発達に困難を抱える子どもを育てる母親」への支援をさまざまな形で行う。2019年1月よりNPO法人を主軸に活動へ。GCDF-Japanキャリアカウンセラー、Gallup認定ストレングス・コーチ(上位資質は最上志向・ポジティブ・社交性・信念・コミュニケーション)、日本茶インストラクター。

    2009年、私は初めての出産と同時に病児の母となりました。いくつもの病院で付き添い入院をする中で体験し、見聞きしたことがこの活動の原点です。母親は子どもが元気になるためにチーム医療の一員として重要なポストを担っているのに、食事や睡眠など母親へのサポートは十分ではなく、自分のことを後回しにするうちに、いつしか笑顔が消え、いつしか倒れてしまう母親が大勢いました。病気の子どもや発達がゆっくりな子どもを育てる母親たちの笑顔を守りたい。これからも一層ママたちへのサポートを広げて参ります。ご支援よろしくお願い申し上げます。
     
    ▶ 光原 ゆきの詳しいプロフィールについては「another life.」の掲載記事をご覧ください。