NPO法人キープ・ママ・スマイリング:病気の子どもや発達がゆっくりな子どもを育てるお母さんを応援します!

加藤 史子さんからクラファン応援メッセージをいただきました!

公開日:2021/05/12

加藤 史子さんからクラファン応援メッセージをいただきました!


加藤 史子(かとう ふみこ)さん|WAmazing株式会社 代表取締役社長/CEO

キープ・ママ・スマイリングへのメッセージ

ありがたいことに2人の娘は健やかに大きくなり、1度も入院経験はありません。
私も出産以外の入院経験はありません。
それでも私は、ワーキングマザーなので、長女も次女も、それぞれ1歳、0歳のころから保育園に通い、特に園時代はたくさん病気をしました。
 
プール熱、ヘルパンギーナ、手足口病に、おたふく風邪、水ぼうそう、冬になれば、毎年のようにインフルエンザ…。こうした名前の付く病気以外にも、突然の高熱や夜中の嘔吐。そのたびに、「なんの症状?!なんの感染症?!」と思いながら、明日の仕事を休む段取りをしながら、隣の市の小児救急をしている病院に電話をかけて、車を駆る日々。
 
当時、住んでいた自治体には小児救急対応の病院がなく、夜間診療は地元の開業医さんが輪番で担当していたため、「眼科医さん」とか「形成外科医さん」の担当に当たることも多く、小児科医に診てもらうには、隣の自治体まで車で30分以上かけていくしかありませんでした。
 
ある時、例によって40度にもなろうかという夜中の高熱に、隣の自治体の小児救急へ。
ぐったりして熱い身体の長女を抱っこして駆け込むと、インフルエンザの診断。
長女は、かかりやすい体質なのか?毎年、2回のインフルエンザ予防接種(子供にはかなり痛い注射)をしていても、もらってくるのです。汗
 
かなり高熱なので、本日、入院できる空いているベッドはないけれども、診療用の仮ベッドを使っていいから朝まで様子を見ましょう、と言われ、私は、そのまま付き添いました。
 
当たり前ですが、付き添い者用のベッドはありません。固い丸椅子があるだけ。
そしてカロナール(解熱剤)を投与していても、効果が切れる時間になると、ぐーんとあがる熱。
 
娘は高熱にうなされてぐったり、、でも突然、目を見開いて、天井をみながら何か話しかけたり、突然歌いだしたりするのです。(熱による、せん妄症状です)
 
この怖さったら!
もう心配も通り越して、ホラーです。
 
自宅で看病はとても耐えられないので、病院で夜明かしさせてもらったことはとても助かりました。
ただ、ほとんど一睡もせずに迎えた翌朝、出社は断念しましたが、家で出来る仕事は進めながら引き続き看病…と、とても体力的にもきつかったです。
 
たった一晩の付き添い、しかも、冬の風物詩(?)インフルエンザで、私はこのザマでしたので、長期入院のお子さんへの付き添いはどれだけ大変なことか…。><。
 
今は思春期まっさかりの長女・次女。
コロナ禍で手洗い習慣もついたせいか、風邪ひとつひきません。
しかしコロナ休校で、その後も学校休み癖がついたり、ネット廃人になったりと、心配や問題は尽きません…。それでも元気で健康なだけ、本当にありがたいことです。
 
育児は大変と心配の連続ですが、それを濃縮5000%にしたような病児に寄りそうママパパたちの力になり、笑顔を届けるキープママスタイリングさん。
 
そして、それを立ち上げた代表である光原さん。
 
彼女は、私の友人の中でも、群をぬいてハードシングス芸人かつ群を抜いて明るくて強い人です。
そんな光原さんとキープママスマイリングに、さらに力強く活動してもらうべく、
みなさんのご支援を是非よろしくお願いいたします!
 

応援メッセージをいただいたのは


加藤 史子(かとう ふみこ)さん|WAmazing株式会社 代表取締役社長/CEO
慶應義塾大学卒業後、1998年(株)リクルートに入社。「じゃらん.net」や「ホットペッパーグルメ」の立ち上げなど、ネットでの新規事業開発に携わった後、国内旅行の調査・研究と地域誘客支援をする「じゃらんリサーチセンター」に異動。主席研究員として「ビッグデータ分析による旅行者分析」や「若者旅行需要創出研究(雪マジ!19、マジ☆部)」など様々なプロジェクトを担当。2016年7月にWAmazing(株)を創業。国交省「国土審議会」専門委員や「日本スキー産業振興協会」員外理事、「山梨県交通政策会議」委員など、これまで20以上の国や県の各種公職を歴任。