NPO法人キープ・ママ・スマイリング:病気の子どもや発達がゆっくりな子どもを育てるお母さんを応援します!

NPO法人キープ・ママ・スマイリング 新パンフレットのご紹介

公開日:2021/05/08

    NPO法人キープ・ママ・スマイリングの活動紹介 新パンフレット

    NPO法人キープ・ママ・スマイリングの、これまでの活動を紹介したパンフレットを作成いたしました。
    私たちの活動の原点、これまで行ってきた活動(付き添い生活応援パック、ミールプログラムなど)、そして病児に付き添う家族の実態調査を紹介しております。
    ※本冊子は、住友ゴム工業株式会社様のCSR基金による助成金で制作いたしました。

     
    ※下記をクリックいただくと、ダウンロードすることができます。
    ぜひ、お手にとってご覧ください!

     
    みんなでつなぐ、笑顔のものがたり
    Keep Moms Smiling
    NPO法人キープ・ママ・スマイリング

     

     
    付き添い家族の実態調査
    付き添い家族の実態調査の結果をご紹介しています。
    NPO法人キープ・ママ・スマイリングが2019年に行ったアンケート調査では、1カ月以上の付き添い者の72%が体調不良、全付き添い者の80%が栄養不足という実態が明らかになっています。
     

     
    「温かい食事を届けること」は私たちの活動の原点
    私たちの活動の原点は、「温かい食事を届けること」です。
    米澤文雄シェフを中心に、プロの料理人の方々にサポートいただき、500名以上のボランティアに参加していただきました。
    ”食“で支援する「ミールdeスマイリング」
    食を通じて伝えたかったのは「決して一人じゃない」ということ。これまで、のべ4000名以上の付き添いのご家族を支援してまいりました。
     

     
    小児病棟の付き添いママに「温かいお弁当を届ける」
    子どもに付き添うお母さんの多くは病院から出られず、ずっと病室で過ごしています。
    2018年、聖路加国際病院の小児病棟に定期的にお弁当を届けられることになり、2020年1月時点で260食のお弁当を提供しました。

    ミールプログラムは「若者の心を育てる」
    2016年から長期休暇を利用して中高生が調理ボランティアとして参加する中高生ミールを開催しています。
    中高生にとって、気づきや学びの場となっているようです。
     

     
    「レトルト化した一流シェフの味」を全国の付き添いママに
    全国の小児科病棟にいる付き添いママに食事を届けたい-。
    この想いから、米澤文雄シェフ監修のもと、日本財団の助成金や食材の寄付をいただき、缶詰を開発しました。

    「おたがいさま」の気持ちを大切に、地域で付き添い家族を支える
    退院後も安心して暮らしていくためには「おたがいさま」の精神で、その地域で支え合う仕組みが大切。缶詰配布を通じて地域における支援の輪を広めていきたいと思っています。
     

     
    コロナ禍の緊急支援「付き添い生活応援パック」をお届け
    コロナ禍の緊急支援策として「付き添い生活応援パック」の無償配布を実施。
    2020年10月~2021年3月までの半年間で850名のご家族にお届けし、2021年5月現在で、延べ1000名以上の付き添いご家族に配布させていただきました。

    企業とコラボして「チャリティ商品」を開発
    ユー花園様とは、花のギフトの売上の一部が寄付となる商品を展開しています。また、石井食品、米澤シェフとタッグを組んで「Potayu Chef」を開発しました。
     

     
    お母さんたちの切実な声
    付き添い家族が置かれている状況は、まだまだ大変です。

    一つひとつの声は小さくても、たくさんの声が集まることで付き添いの過酷な環境を変えていく、大きな力を育てていきたいと考えています。
     

     
    笑顔はきっとつながっていく
    笑顔は笑顔を呼びます。伝播して広まります。
    それでも、まだまだ、付き添う人たちが置かれている環境は過酷です。
    あなたの力を貸してください!
     

     
    支援の方法はいろいろ
    寄附で応援、買って応援、売って応援、参加して応援…
    支援の方法は、いろいろです。
    ご支援を、心よりお待ちしております。