NPO法人キープ・ママ・スマイリング:病気の子どもや発達がゆっくりな子どもを育てるお母さんを応援します!

2020.1.5ミールプログラム@佐賀大学医学部付属小児科

公開日:2020/01/10

2020.1.5佐賀大学医学部付属小児科病棟への3回目の配布を実施

1月10日(金)に、佐賀大学医学部附属病院小児科病棟で、3回目となるミールdeスマイリングの配布を行いました。
季節感をなかなか感じることのできない病棟のなかで、少しでも新年の気分を味わっていただきたいとお正月風のラッピングにしてみました!
 

 
病棟では、副師長さんと一緒に18名の保護者の方とご家族に配布させていただきました。

今回も先輩ママからMeal de Smilingのことを聞き、心待ちにしてくださっている保護者の方もいらして嬉しかったです!わずか数食分ではあるものの、長期付き添い入院をされているご家族を応援したいという、私たちの気持ちがしっかり届いていることを実感しました。

なお、今回の配布の様子は共同通信さんが取材してくださいました。後日ご報告いたします。
 
配布後、保護者の方からコメントもいただきました!ママたちが少しでもホッとする瞬間を提供できたのだと思うと、我々スタッフも大変嬉しいです。いただきましたコメントの一部をご紹介させていただきます。
 
201912配布感想3 201912配布感想2 201912配布感想1
 
「この度は、栄養面を考えていただいた缶詰をありがとうございました!今回で6回目の入院(佐賀医大は初めて)でしたが、今までずーっとコンビニのパン、おにぎり、弁当ばっかりで、付き添いで大尉変なのもあって栄養面を気にしていられませんでした。頂いた缶詰、全部はまだ食べてませんが、すごく美味しく野菜等取れて嬉しかったです。本当にすばらしい取り組みだと思います!!ありがとうございました」
 
「素材の味を生かした味付けになってて、美味しく頂きました。豚肉のりんご煮にはカット野菜を+してレンジで温めて食べたら美味しかったです。」
 
「この度は、おいしい食事を提供していただき、ありがとうございました。何と言っても発想がすばらしいと思いました。強いて言うと、今は冬なので温かいものがあればと思いました。ありがちですが、お湯を入れると食べられるスープ等、または缶入りのパン等あると嬉しいと思いました。また、申し訳ありませんがお魚の缶詰はおいしかったのですが、味が濃いような気もしました。たくさんもらっておきながら色々言って申し訳ありませんでした。」
 
「すばらしい活動ですね。「大豆のキーマカレー」食べて美味しかったです。手持ちの皿がなくて、たっぱに入れてたべました。量はちょうどよかったです。缶詰でなく、そのままチンしてあたためられたらより嬉しいです。洗ったりする手間があるので。それだけではおなかいっぱいにはならないので、一食分がっつりたべられたらうれしい。」
 
「冷たいままでも美味しかったです。レンジでチンしやすい容器に入っていたら温かくして食べられるので良いなと思いました。同じような思いのママが周りでも頑張っていると思うとはげみになりました。ありがとうございました!」
 
「心温まるご支援、ありがとうございました。実際自分自身の食事はコンビニのおにぎりやパンで済ませることが多く、なんとなく体調が優れなくて夜もあんまり眠れなくて、たまに外に出ると自分の日常がわからなくなってもいました。ママが元気で笑顔でいることが子どもにとっても安心感につながると思いますので、キープ・ママさんの取り組みは本当に感謝いたします!おいしく食べさせていただきます」

ご支援、ご寄付のお願い♪

NPO法人キープ・ママ・スマイリングは「ママが笑顔でいられるために〜We keep moms smiling! 」の思いを込めて、病児や発達に困難のある子どもを育てるお母さんやご家族を応援しています。
入院中のお子さんに付き添うご家族へのお食事サポートを行なっています。
皆さまからの温かいご支援をお待ちしています!