NPO法人キープ・ママ・スマイリング:病気の子どもや発達がゆっくりな子どもを育てるお母さんを応援します!

2020.6.3 東京医科歯科大学医学部付属病院で缶詰お届けがスタート!

公開日:2020/06/03

    付き添い中のご家族にシェフのお弁当をお届け!

     

     
    2020年6月3日の水曜日、東京医科歯科大学医学部付属病院の小児病棟で入院中のお子さんに付き添うご家族へ缶詰をお届けしました。缶詰の定期お届け先病院2カ所目です。東京医科歯科大学医学部付属病院は、キープママ理事長の光原が子どもと一緒にお世話になった病院であり今回2カ所目のお届け先となったことに深いご縁を感じます。

    スクリーンショット 2019-04-02 1.45.08
     
    2019年に入り、全国の小児病棟にて泊り込むご家族に届けるための米澤シェフ監修の美味しすぎる缶詰が完成。
    東京医科歯科大学の小児病棟でボランティアをしていた方から「医科歯科で缶詰配布が検討できないか」とご連絡を頂いたことをきっかけに、この度、小児病棟で入院中のお子さんに付き添い泊り込むご家族への缶詰配布がスタートしました!

    新型コロナウイルス感染者を積極的に受け入れている東京医科歯科大学は、新型コロナウィルス感染症と最前線で闘う医療機関のスタッフにトップシェフ達が料理を届ける「スマイルフードプロジェクト」のお弁当受け入れが4月から始まっていました。
     

     
    キープママの活動をサポートくださる、ミールdeスマイリング缶詰の監修もしてくださった米澤文雄シェフがプロジェクト立ち上げからの中心メンバーだったご縁もあり、スマイルフードプロジェクトの皆様のご厚意で、今後毎週、医科歯科の医療者へお弁当を届ける日には、小児病棟で付き添うご家族へのご飯も一緒に届けてくださることになりました。米澤シェフ、スマイルフードプロジェクトの皆様、本当にありがとうございます!
     

     


     
    感染予防のため、病棟ではなく会議室で缶詰を師長さんにお届けし、お弁当・缶詰ともに、スタッフの皆様が付き添いのご家族へ配布くださりました。付き添い中で、感染の恐怖から病棟の外に出ることも躊躇されるお母さんたちはシェフのお弁当をとても喜ばれていたと伺いました。これからも、一人でも多くの付き添いママを美味しいご飯で応援してまいります。

    ご支援、ご寄付のお願い♪

    NPO法人キープ・ママ・スマイリングは「ママが笑顔でいられるために〜We keep moms smiling! 」の思いを込めて、病児や発達に困難のある子どもを育てるお母さんやご家族を応援しています。
    入院中のお子さんに付き添うご家族へのお食事サポートを行なっています。
    皆さまからの温かいご支援をお待ちしています!
    マンスリーサポーターとは
    キープ・ママ・スマイリングでは、ひとりでも多くの病児を看護するお母さんへ夕食が提供できるよう参加者・支援者を広く募っています。
    皆さまからのご寄付は、主にミールプログラム食材の購入費として使用させて頂きます。
     

     
    ▶ マンスリーサポーターについて詳しく見る